SEGA

ソニックチャンネル

連載サウンドコラム

ソニックチームのサウンドディレクター瀬上 純と大谷 智哉によるコラムコーナー。

『東京ゲームショウで探せ』

みなさんこんにちは、「ソニック」シリーズ サウンドディレクターの大谷です。

先週開催されていました「東京ゲームショウ2015」(以下、TGS)今年は一般日の9/19(土)に行ってきました!

担当しているタイトルの出展がない年でも、TGSのあのざわざわした雰囲気が好きだったりします。

過去にはステージでのライブ演奏や、登壇して新作の紹介をするなどで出演してきましたが、今回は純粋に見学として行ってきました。ライブなど何かしらの出演がある年は、事前の準備から現地でのリハーサル〜本番と、とても慌ただしく、ゆっくり見て回ることが出来ないので、今年はTGSの雰囲気を楽しめる良い機会でした。

振り返ると2010年には『ソニック カラーズ』の楽曲からオープニングテーマとなる「Reach For The Stars」と初お披露目となる、エンディングテーマの「Speak With Your Heart」の2曲をライブ演奏をしました。個人的にはTGSで演奏するのも、ソニックの曲を演奏するのもこの時が初めてでした。

2011年は「ソニック20周年スペシャルライブ」として、以下の曲目を演奏しました。

1. Tropical Resort
2. Emerald Coast
3. Chemical Plant
4. Seaside Hill
5. Rooftop Run
6. It Doesn't Matter
7. Reach For The Stars
8. Endless Possibility

ソニックは20周年だし、『リズム怪盗R 皇帝ナポレオンの遺産』は大きなブースを構えているし、自分の中でもとても賑やかな年でした。

2013年は『ソニック ロストワールド』紹介のため、飯塚Pと登壇し、音楽やグッズの紹介を担当しました。イベント当日、予定時刻に楽屋入りしたら、スタッフの方々が慌ただしく段取りの確認をしているのですが、なにやら様子がおかしいのです。何があったのか聞いてみたら、飯塚Pの到着が本番開始時刻に間に合わない可能性があり、間に合わなかった場合の段取り変更を話してたんです!車が渋滞に巻き込まれて、到着が遅れているとのことでした。

結果的にはぎりぎり間に合って、予定通りプログラムを消化することが出来たのですが、ヒーローは遅れてやってくる?いやいや、この時は変な汗をかきました(笑)


もっともっと遡ると1999年、僕がセガに入社した年のTGSでは、『ROOMMANIA#203』コーナーにステイして終日ビラ配りをしていたのですが、セガブース内の一角にある、そのわずかなスペースがとにかく暑く、プロデューサーと一緒に汗だくでビラを配っていた記憶があります。ちなみに『ROOMMANIA#203』のゲーム内では、「ジョニーのモイスチャールーム」というラジオ番組にポッキーという役で声の出演をしています。

2005年には『赤ちゃんはどこからくるの?』のステージで、ラブラビッツの一員(黒塗り)としてライブに参加していました。
→2005年、当時のイベントレポート

メイク完成!誰ですか?

本番中「ン~ンン~ンンンンンン~ ラヴィ!!」

最近でこそ、キューティクルサラサラロングヘアーで売っている僕ですが←
この頃はベリーショートでした。ちなみに『きみのためなら死ねる』から使用している、ゲーム内の「ラヴィ!!」というボイスは、吉永D×サウンド床井×サウンド大谷のボイスを混ぜ合わせて作られているのです。

そんなこんなで、TGSには様々なトラウマ想い出があります。

#オオタニッターを探せ

もう1つ、近年TGSで地味に開催されている、知る人ぞ知るミッションがあります。
それは、

「#オオタニッターを探せ」です。

「オオタニッター」というのは僕のTwitterアカウント(@Ohtanitter)なのですが、つまりTGSの会場内で、大谷を探すミッションのことです。探すとは言え、あの広い会場とあの混雑、本気に逃げ回ったり、現在位置の情報がなにもなければ、見つけるのは相当難しいですよね。なので実際は、僕が各社ブースを見学する合間に、「いまここにいるよ〜」とか、「何時頃セガブースにいくよ〜」とTwitterで呟いておくシステムになっております(笑)

そんなツイートを便りに集まってくれた方達と、ゲームや音楽の話題を中心に色々な話をしたり、物販で買ってきたグッズ見せてもらったり、一緒に写真撮ったりサインしたりといった交流をさせてもらっています。

写真の掲載を許可して頂きありがとうございます。ソニックメガネをかけている人は何人いるでしょうか?

バースデーイベントやファン感謝祭しかり、それ以外でも最近はゲームのイベントやコンサート等の機会も多く、それに加えてSNSなど、ゲームファンの方々と交流する機会が増えていますが、自分達が作るゲームやその音楽を楽しんでくれている方達と、リアルに接する事が出来るのはとても貴重です。お会い出来た際には、こちらからも感謝の気持ちを伝えさせてもらいつつ、今後の制作の参考に?人となりなどを観察させてもらっていますよ(ニヤリ)


そんなこんなで「#オオタニッターを探せ」は今年で4年目を迎えていました。毎年、気が付くとハッシュタグが出来ているのですが、そもそもの発端はなんだったのか??いい機会なので過去のログを調べてたところ、それは2012年のことでした。この年はiOSアプリ『リズム怪盗R プレミアムライブ』のアナウンスがあり、純粋に見学目的で一般日に会場へ向かっていたのですが、現地に向かう最中のこと......

前の年から予兆はあったのですが、フレーズとしてはこの人が仕掛人だったようです。(笑)

というわけで、また来年も開催されましたらTGSで僕と握手です。

ではまた!