SEGA

ソニックチャンネル

連載サウンドコラム

ソニックチームのサウンドディレクター瀬上 純と大谷 智哉によるコラムコーナー。

GSJ / リズム怪盗R

みなさんこんにちは、「ソニック」シリーズ サウンドディレクターの大谷です。

今回は2本立てです。

10月10月に東京芸術劇場で開催されました、「Game Symphony Japan 14th Concert」に行って参りました!

サービス精神旺盛な実にセガセガしいコンサートで、1人の観客として純粋に楽しんでしまいました。

がしかし、やはり身内ですので、いらぬ心配が先回りしてしまったり、制作サイド側に立って選曲、演出面のことを考えてみたり、いろいろな考えや思いが交錯しすぎて、出演していたわけでもないのに、終演後には疲労感がありました。(笑)

「ソニック」シリーズの楽曲からは、「Green Hill Zone」が素晴らしかったです。
これまで幾度となく聴いてきた曲ではありますが、綺麗でドラマチックなメロディなんだな~ と新鮮な気持ちで感動している自分に驚きました。オーケストラアレンジされたことで、この楽曲が持つポテンシャルが引き出されたのだと思います。

中村正人さんが『ソニック・ザ・ヘッジホッグ1&2』の音楽を作る際、映画音楽を作るようなつもりで取り組んだと、何かのインタビューで仰っていたのを思い出しながら聴いていました。馴染みの楽曲の新たな魅力に気付かせてくれるのも、こういったコンサートの醍醐味です。

瀬上さんが演奏するギターとオーケストラの共演も貴重でした。「ソニック」シリーズでフルオーケストラを収録した作品は、『ソニック ワールドアドベンチャー』、『ソニック カラーズ』、『ソニック ロストワールド』の3作ですが、オーケストラにギターを重ねた楽曲は少ないと思います。『ソニック ロストワールド』に収録されている、六鬼衆のテーマ「The Deadly Six Theme」のオーケストラアレンジの1つ「Boss Rushes (Guitar ver.)」の1曲くらいかもしれません。という意味で、サウンド面でも貴重なセッションでした。

それから、ロビーに「ソニックファン一同 より」と書かれたお花が届いていて驚きました。有志で手配してくれたのでしょうか?こういうのは嬉しいですね。思わず写真を撮ってしまいました。

セガのコンポーザーとして、このような機会に演奏されるような曲を作らなければ!と、気持ちを新たにしたコンサートでした。

ここまでの真面目な文脈から、無理に差し込む必要はないと思いつつ、「ルーマニア」シリーズでネジタイヘイのモーションとキャラクターボイスを担当していたかがわの水割氏と、終演後、一緒に写真を撮りましたので記念に置いておきます。

彼は「ハロハロナリヤンス音頭」のパフォーマンスにおいて、色々な意味で会場を震わせていました。懐かしい人と10年以上ぶりの再会もさせてくれた、楽しいコンサートでした。


今回はもう1つ書いておきたいことがあります。

2013年10月30日にサービス開始した、iOSアプリ『リズム怪盗R プレミアムライブ』が、2015年9月30日(水) 15時をもちましてサービスの提供を終了しました。

ゲームを遊んでくれたみなさま、本当にありがとうございます。

僕自身、初めて担当するアプリゲームの音楽制作ということに加え、「リズム怪盗R」の新たな音楽を作る事が出来る喜びから、とても楽しんで制作しました。リズムゲームの音楽としてもスピンオフ的なアプローチの曲や歌詞など、名作(いや、 迷作)を残せたのではないかと思っています。遊んでくれたみなさまに少しでも楽しい想い出を残せたなら幸いです。

そんな楽曲を収録したサウンドトラックはCD、配信共に引き続き発売中です。

リズム怪盗R プレミアムライブ Original Soundtrack
品番 WWCE-31333
価格 2,222円(税別)
発売元 株式会社ウェーブマスター
販売元 エイベックス・マーケティング株式会社
iTunes Store 配信URL https://itunes.apple.com/jp/album/id828824775
Amazon MP3 配信URL http://www.amazon.co.jp/dp/B00H70SLPC/

このサウンドトラック、CD版のみ44曲目に隠しトラックが収録されています。買ってくれた方を驚かせたかったので、発売当時は「隠しトラックが収録されてますよー。」と言うわけにもいかず、言いたくて言えなくて、1人悶え苦しんでいました。そのことを直接言及するのは発売1年後まで耐え続けました。(たぶん)

お手軽に、好きな曲だけ単曲買い出来るデジタル配信が主流になりつつありますが、CDというパッケージとして発売するのであれば、CDならではの付加価値を可能な限り用意したいと思い、描き下しのアートワーク、ブックレットでの全曲解説、スタッフコメント、そして隠しのボーナストラックを収録することにしました。

その曲とは、3DS版に収録された本編ストーリー最後のリズムゲーム、「LAST DANCE」という曲のピアノバージョンになります。『リズム怪盗R プレミアムライブ』にはエンディングがないので、サウンドトラックの最後を締めくくる1曲として、このアレンジをこっそり収録することにしました。是非聴いてもらいたいです。

サントラ発売1周年の時にはキャラクターデザイナーの三瓶さんに記念のイラストを描いてもらい、Twitterに投下しました。

「LAST DANCE」のピアノバージョンを弾いているRと、それを聴いているマリア、そしてフォンデュの耳に念仏?というシチュエーションです。2016年の2月12日で、サントラ発売2周年かぁ......チラッチラッ ←

今後、またセガ楽曲のオーケストラコンサートがあるなら「怪盗Rのテーマ」とか演奏して頂いてもいいんですよ?チラッチラッ ←

なにはともあれ、頑張りたいたいと思います。

ではまた!