SEGA

ソニックチャンネル

連載サウンドコラム

ソニックチームのサウンドディレクター瀬上 純と大谷 智哉によるコラムコーナー。

『マリオ&ソニック AT リオオリンピック™』(Wii U版)発売記念!サウンドインタビュー ACT 4

コンポーザー#4 絹川 唯史

大谷 次は絹川くんに登場してもらいたいと思います。よろしくお願いします。

絹川 お願いします。

大谷 『マリオ&ソニック』シリーズには結構前から関わってるよね?

絹川 2009年発売の『マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック™』の頃からですね。

大谷 ということは、競技中のBGMはたくさん作ってきた感じ?

絹川 そうですね、曲数で言うと20曲ほどです。

中川 例えばどんな競技を担当しました?

絹川 スノーボードクロス、ハーフパイプ、スケルトンです。

床井 前回のソチオリンピックでは、ボブスレースケルトン、ボブスレー4人乗り、スノーボードスロープスタイル、ジャンプラージヒルの曲が特にカッコよかった。

床井 曲調もスピーディーで、競技に合ったものを作ってもらいました。

絹川 競技はよく考えますね、身体感覚というか......横に振れる競技だったらリズムも横に揺らぐみたいな。ビーチバレーだったらジャンプとかスパイクとか、“アタック感”を出したり、跳ねるリズムを意識しました。

大谷 今作では、そのビーチバレーの曲を担当したんだよね。

床井 今回のビーチバレーは競技として一番初めに作ったところでした。

絹川 かれこれ2年くらい前のことですよね。

床井 一番初めに作るから気合いも入る訳で、求めるものが結構高い位置になるんですよね。

大谷 一つの指針になりますからね。

床井 そうそう、当然基準として考えるので何をクリアしていくかとか、どういうものを演出したいとか、決めたい事が多かったです。

大谷 責任重大ですね。

中川 トップバッターの気分はどうでした?

絹川 それはそれでプレッシャーでした。

TM IOC/RIO2016/USOC 36USC220506. Copyright © 2016 International Olympic Committee ("IOC"). All rights reserved. SUPER MARIO characters © NINTENDO. SONIC THE HEDGEHOG characters © SEGA.