SEGA

ソニックチャンネル

連載サウンドコラム

ソニックチームのサウンドディレクター瀬上 純と大谷 智哉によるコラムコーナー。

「京急セガトレイン」運行中!

みなさんこんにちは、「ソニック」シリーズ サウンドディレクターの大谷です。

今回に限り、「鉄道コラム」的な内容になっていますが、最後までお付合い頂けたら うれしいです!

「京急セガトレイン」運行中です!

みなさんはもう目撃することは出来ましたでしょうか?

近くに住んでないから見られないよー!という方もいらっしゃると思いますので、まずはこちらの動画をご覧下さい。

京急と言えば、赤い電車が定番ですが、青く特別塗装した『KEIKYU BLUE SKY TRAIN』という電車があるんです。「羽田空港の空」と「三浦半島の海」をイメージした青い車体とのことですが、なんて 「セガ」 &「ソニック」にもってこいの電車なんでしょう(笑)

この企画は、「ソニック」と「ぷよぷよ」シリーズが発売25周年を迎えることを記念して、“京急×セガ”記念コラボとして実施しているものです。先頭車両と最後尾車両には両タイトル、奇数車両は「ソニック」シリーズのキャラクターが、偶数車両は「ぷよぷよ 」シリーズのキャラクターやロゴがラッピングされています。外装だけでなく、車内も「ソニック」の広告だけの車両、『ぷよぷよ』広告だけの車両、両タイトルの車両があるんです。

毎日、いやもう十数年?通勤でお世話になっている電車に「ソニック」が描かれるなんて......この企画の存在を知った時は震えました。

車両工場!

そんな、震えていたわたくしですが、運行開始前にラッピングの最終確認&写真撮影に同行させてもらってきました!!

車両工場内に鎮座する 「ソニック」と「ぷよぷよ」のラッピングが施された

KEIKYU BLUE SKY TRAIN!!!!!!!!

セガに入社してこれまで、いろいろな経験させてもらいましたが、貴重な経験ランキングベスト10に入ってしまうかもしれません。

ラッピングの調整作業にあたられている京急の方が、「ソニックかっこいいな〜」と言って下さったり、25周年だったら 撮影用に運行番号を「25」にしておきましょうか?と提案して下さったり、この企画を楽しんで下さっていて うれしかったです。

ちなみに25Dの「D」は「エアポート急行」のことだそうです。この日はソニックと一緒にたくさん写真を撮ってきました。完全に撮り鉄です。(仕事です。)

♪歌う電車

京急といえば “歌う電車“と呼ばれている車両があることご存知でしょうか?発車の際、「ファソラシドレミ~」と音階を奏でるモーターが搭載された車両があるんです。ドイツのシーメンス社製のモーターが装備された、2100形、新1000形という車両で聞くことが出来るのですが、この音階、技術者の遊び心でプログラムされたものなんですって。

くるりというロックンバンドの「赤い電車」のミュージックビデオでそのモーター音を聴くことが出来ますよ。

モーター音がサンプリングされ曲中で使用されていたり、歌詞にも出てきたり、かなりの“京急愛“の詰まった1曲です。僕も大好きな曲なので是非聴いてみて下さい。この曲は品川駅の列車接近案内音としても使われているんですよ。

そんな「歌う電車」ですが、車両の更新作業で、歌うモーターが年々減ってきて来ているとのこと......なくなってしまったら寂しいですね。

「京急セガトレイン」も2100形ではあるのですが、新しい日本製のモーターが搭載されているとのことで残念ながら歌いません、「京急セガトレイン」がもし“歌う電車”だったら、あの音階を変えられないのかな、とか勝手に妄想していました。

発車の際に、

「ファソラシドレミファソ~ セーガー(ソーミー)」

とか鳴ったら最高じゃないですか?(え

冗談はさておき(半分本気でしたが......)「京急セガトレイン」のテーマソングはありませんが、

「♪見たこともない景色見せてよ、赤い電車〜」

という「赤い電車」の一節を、

「♪見たこともない景色見せてよ、青い電車〜」※青い電車 = セガ / ソニック

と、変えて歌ってみるのはいかがでしょう?

キャンペーンも実施中!

さて、「京急セガトレイン」は11月14日~12月17日の期間で運行します。運行予定は 「京急電鉄オフィシャルサイト:特別塗装列車運行予定」ページでチェック出来ますよ。僕も毎日チェックしています。(笑)

ラッピング電車を撮影し、Twitterへ投稿(#京急セガトレインキャンペーン)していただいた方の中からセガゲームソフトなどのプレゼントするキャンペーンも実施中ですので、可能な方は是非参加してみて下さいね。

大谷氏、電車のこと詳しくない??と思われたかもしれませんが、それには訳があります。実は6歳になるうちの息子が、かれこれ3歳くらいのころから京急が大好きなのです。

京急の車両工場を年に1度だけ見学出来る「京急ファミリー鉄道フェスタ」というイベントにも参加したことがあるくらい、片足突っ込んでいる(突っ込まされている)のでした。

今年販売された「カプセルプラレール」の京急電車、あと1両だけ そろっていません!KEIKYU BLUE SKY TRAINの後尾車両が!

ところで、この3色の並び、どこかで見たことあると思いませんか?(笑)。

ではまた!