SEGA

ソニックチャンネル

連載サウンドコラム

ソニックチームのサウンドディレクター瀬上 純と大谷 智哉によるコラムコーナー。

東京ゲームショウ2017『ソニックフォース』LIVE!

みなさんこんにちは、「ソニック」シリーズ サウンドディレクターの大谷です。

東京ゲームショウ2017無事終了いたしました!『ソニックフォース』の試遊、そしてステージイベントに足を運んでくれたみなさま、生配信を視聴してくれていたみなさま、後日タイムシフトでチェックしくれたみなさま、ありがとうございました!

私は、最終日となる24日のステージイベントに出演しました。トークのパートではゲームプレイを熱くするサウンドの魅力をお伝えし、ライブのパートではステージを盛り上げるという、2つのミッションがありました。少し長くなるので、2回に分けて振り返っていきたいと思います!

まずは余韻のあるうちにライブの方から!

『ソニックフォース』のマーケティング担当より、東京ゲームショウのステージイベントでライブをやることは可能ですか?との相談があり、「やややれます!」と即答。バンド編成でソニックステージのインスト曲を中心に演奏するプランと、DJ+ヴォーカルの編成でアバターのステージ曲を中心にパフォーマンスする2つのプランを提案。検討した結果、後者の案で進めることになりました。

アバターの曲をやるのであれば、男女のツインヴォーカルでいきたいと考えていました。アバターステージの曲は男性ヴォーカルの曲も女性ヴォーカルの曲もあるからです。僕の頭でシンガーの候補は既に決まっていました。レコーディング時、抜群の歌唱力、表現力、安定感を発揮してくれていたジョン・アンダーダウン(以下ジョン)とナナ・ハトリ(以下ナナ)です。

すぐに2人に打診したところ、ライブへの参加を快諾してくれました。

セットリスト

次に決めなければならないのが、セットリストです。ライブの尺は約10分と言われていたので、そんなにたくさんの曲ができるわけではない上に、これまで一部の楽曲を公開してきているとはいえ、まだまだ発売前のタイトルです。聴いたことのない未公開曲では、ライブとしては面白くないですよね......。ということで、まずは既出の「Park Avenue」、それから実機プレイでは何度も紹介されているアバターの「Guardian Rock」、この2曲を確定させました。

アバターの曲を中心にと考えていましたが、ライブの最後はやはり「Fist Bump」で盛り上がって終わりたい......。「Fist Bump」はレジスタンス軍みんなのアンセムだと思っているので、ジョンとナナのツインヴォーカル&会場のみんなで歌えたら最高だな......と思っていました。そこでライブ用の構成に編集し、セットリストに加えることに!

尺的には残り1曲か、短めの2曲を入れられるかどうかといったところ、私的には、ヴォーカルの2人が参加した曲を加えたいと思っていたのですが、既に決められている情報公開のスケジュールというものがあり、現時点では公開出来ないということに......。

うーん困った、どうしよう......と頭を悩ませていたところ、中村Pより、「シャドウストーリー」のステージ曲を演ったらどうです?との神のひと声が!!ゲームショウのタイミングで「シャドウストーリー」の情報が公開されるからとのことでした。

それならば!と、「シャドウストーリー」のステージ曲の1つ、『ソニックアドベンチャー2』より、「White Jungle」面のリミックスをセットリストに加えることに!当時、音楽性的にも「ソニック」へのカウンターとして打ち出されていた、「テクノ」、「ブレイクビーツ」、「デジタルロック」などのキーワードを確認し、その延長線上で再構築したリミックスになります。

01. Park Avenue
02. White Jungle [Remix]
03. Guardian Rock
04. Fist Bump [Live Edit ver.]

このようなセットリストに決まると同時に、映像の準備も進めてもらいました。

ジョンとナナのヴォーカルパートにはなんの不安もなく、歌のないパートにも積極的にアドリブを足していく方向で話し合い、本番前にも細かくステージングの打ち合わせをしていました。

そんなこんなで本番がスタート!!

楽しい時間はあっという間に過ぎ去ってしまいます。結果はご覧頂いた通り、みんなも楽しそうだったし、ステージ上の僕らも楽しんだし、大成功だったと思います。「♪ONE MORE LAST FIST BUMP~」のところで、こぶしをあげるのも気持ちよかった!短い時間ではありましたが、『ソニックフォース』のステージイベントを締めくくる、良いライブになったと思います。

DJ&シンセサイザー担当の大谷は、8月に購入したばかりの「GODJ plus」というコンパクトなのにハイスペックなDJマシンで、エフェクトを操作したり、SEを足したりしつつ、シンセでメロディを弾いたりしていたのですが、今回、初めてトライした、2VOCAL × 1DJスタイルにいろいろな可能性を感じました。今度はジョンとナナが担当した曲も加えたロングセットでやりたいです。

生配信されていた映像を編集した動画がアップされていますので 、チェックしてみてください!

次回は、先日メイキング動画を公開させて頂いた、ロンドン交響楽団の演奏によるオーケストラ曲の話など中心に、トークパートの方を振り返ります!

ではまた!

→『ソニックフォース』公式サイト