SEGA

ソニックチャンネル

連載サウンドコラム

ソニックチームのサウンドディレクター瀬上 純と大谷 智哉によるコラムコーナー。

GAME SYMPHONY JAPAN 14th Concert

みなさんこんにちは、「ソニック」シリーズサウンドディレクターの瀬上です。

2015年10月10日(土)に東京・池袋の東京芸術劇場にて開催される「セガ」のゲームタイトルをフィーチャーするオーケストラのコンサート、「GAME SYMPHONY JAPAN 14th Concert」の開催まで一か月となりました。

イベントも多様化し、ゲームの楽曲を演奏するコンサートも増えているように思いますが、今回のように幅広いタイトルからの選曲ながらもセガ関連の楽曲のみで構成するものは初めての企画のようです。
全面協力・監修ということで、私を含むサウンドのスタッフは主催者サイドの選曲案に意見をさせて頂いたり、編曲者が手掛けられたアレンジを一足お先に聴かせて頂いて、それに対してアイディアを出させてもらったりと、より良いものを皆さんに楽しんで頂けるように努力しています。私は「ソニック」関連楽曲の部分を担当していますが、他の楽曲に関しては、どのようなアレンジが施されているのか聴いていないので、当日は皆さんと一緒に会場で楽しみたいと思います。

サウンドのスタッフ以外にも、各タイトルのプロデューサーなどは、パンフレット用にインタビューを受けたり、コメントを寄せたりしているようです。時系列的に見ても、幅広いタイトルからピックアップした演目になっているので、資料としても興味深いものに仕上がるのではないでしょうか。

私も「ソニック」シリーズのプロデューサー、飯塚さんと対談形式でのインタビューを受けましたが、20年近くも前のことを振り返って語る際にも、お互いに細かいことを覚えていることが少なからずあり、どれだけ印象深いことが多かったかを思い出しました。特に今回のコンサートでも演奏することになる『ソニックアドベンチャー』、『ソニックアドベンチャー2』に関しては、開発中もリリース後も様々なエピソードがありましたが、音楽的なことに関しては、今後このサウンドコラムを通じて紹介することもあるかもしれませんので、お楽しみに!

上記のタイトルからは、「Emerald Coast Zone」、「City Escape(Escape From The City)」、「Live & Learn」が演奏予定曲目に組み込まれていますが、それらはオーケストラで演奏されることを想定して作った曲ではありません。自分が弾くギターとオーケストラのサウンドがどのように絡み合うのか......オリジナル作のリリースから時を経たこのタイミングで、また違った体裁で自身の楽曲と向き合うことが出来るのは嬉しいものです。

こうして出典タイトルのロゴが並んでいるだけでも壮観ですね。
幅広い選曲ということもあり、プレイしたこと、サウンドトラックを手にしたことがないタイトルが少なからずあるかもしれません。楽曲を知らなくてもコンサート当日は楽しめるものと思いますが、オリジナルの楽曲を耳にしていれば、そのアレンジの違いを楽しむことも出来るかと思い、関連楽曲を「セガサウンドセレクション vol.2」という配信コンピレーションとしてまとめてみました。「ソニック」関連では、『ソニック&ナックルズ』の「Title」や「Sky Sanctuary Zone」の曲が初登場!
それらの楽曲は、2001年に「ソニック」生誕10周年記念タイトルとして発売されたドリームキャスト版『ソニックアドベンチャー2』の限定バースデーパックのCDに収録されたことがありましたが、それ以降では初めての音源化になるかと思います。また、ソニックチーム関連タイトルという意味合いでは、『バーニングレンジャー』の「Burning Hearts ~炎のANGEL~」も初の配信音源化ですが、いずれもオリジナル音源を使用しての新規マスタリング音源となっています。今回のコンサートの予習用としても、またタイトルのとおりセガゲーム楽曲のコンピレーションとしても、魅力的なパッケージに仕上がったと思いますので、是非、チェックしてみてくださいね。

また、今回のコンサートの第3部は、ソニックチームの作品、「ナイツ」の世界観を音楽で表現する構成となっています。Game Symphony Japanの指揮者の志村健一氏が、“10/10は光にあふれどんな望みも叶うドリームスドリームスなステージ”と語っていたことからも分かるように、特に力が入っているパートなのではないでしょうか。その「ナイツ」のサウンドトラックも「NiGHTS into dreams...パーフェクトアルバム」としてCD、配信共に好評発売中です。

それでは、また次回...
10月10日は会場でお会い致しましょう!
See Ya!!


→「GAME SYMPHONY JAPAN 14th Concert」の詳しい情報はこちら