SEGA

ソニックチャンネル

連載サウンドコラム

ソニックチームのサウンドディレクター瀬上 純と大谷 智哉によるコラムコーナー。

仕事納めのコラム

いつの間にか今年もあとわずか。皆さんにとって、どんな1年でしたでしょうか?「ソニック」を応援して頂いている皆さんには、懐かしくも新鮮な『ソニックマニア』、そして王道の『ソニックフォース』と楽しんで頂けたのではないかと思います。

僕にとっては、『ソニックフォース』での大谷サウンドディレクターのサポートに加え、ゲスト参加することになった「ファンタシースター感謝祭」や「サンディエゴコミコン」など、メインで手がけるというよりは、誰かと組んで何かをするという案件が多かったように思います。

そんな中、自分が企画立案して商品化に至った『ソニックアドベンチャー』シリーズのレコードが先日手元に届いたのは、まるでクリスマスプレゼントのようでした!

日本向けには1月中旬の発売開始を予定していますが、1月13日(土)〜14日(日)に開催される『JAPAN Game Music Festival II: Re』において、先行発売が行なわれるので、会場で実物をチェックしてみてくださいね!

ライブのコンセプト

©JAPAN Game Music Festival 2013

2日間に渡って開催される『JAPAN Game Music Festival II: Re』は、各日8バンドが出演する予定です。Crush 40は両日に出演する唯一のバンドとなったことと、その出演順は前回のコラムにてお知らせしました。

「出番によって担う役割も違うので、それぞれ異なるコンセプトで臨む予定」とも書きましたが、今回は、その部分に関してもう少しお伝えしますね。

8バンド中、7番目が出番となっている土曜日は、それまでに盛り上がっている会場を更にヒートアップさせて、メインアクトに引き継ぐ役割なので、ノンストップでアグレッシブに行きます。キーワードは黒と赤。

一方でトップバッターを務める日曜日は、イベントのスタートを担うわけですから火付け役にならなければなりません。とはいえ、最初から飛ばしすぎるのも大変ですので、緩急をつけつつ、熱くも軽快にさっそうと駆け抜けようと思っています。キーワードは青と白。

だいぶヒントを出した気もしますが、どんなセットリストで臨むかは当日をお楽しみに! もちろん、両日共に演奏する曲もありますよ。

©JAPAN Game Music Festival 2013

「チャレンジ」というキーワード

誰もがそうだと思うのですが、何かを成し遂げようとするときには、クリアすべき目標を立てますよね。2013年6月29日〜30日に開催された『JAPAN Game Music Festival』においては、それまで私が関わるショウでは実現出来ていなかった「映像をフィーチャー」しつつ「バンドとしてのライブ」を見せるということが大きな目標でした。

それを実現できたことによって、「ソニック」とバンドを最大限にアピールすることができましたし、後に立ち上げた『ソニックアドベンチャー』シリーズのインスト楽曲を演奏したイベント、"SONIC ADVENTURE MUSIC EXPERIENCE"の全体演出の構想へとつながっていくことになりました。それらで積み上げた経験をふまえて、両日とも目でも耳でも楽しめるショウにしたいと思っています。

もちろん「それまでにやったことがないチャレンジ」に関しても盛り込むつもりでいますが、その内容に関しては......ここでは伏せておきますね!当日を楽しみにしていてください!

その他の出演者などの詳細は、下記公式サイトにて確認してみてください。両日共にバンドの出番が終わったらロビーでのサイン会も予定しています。

イベント概要
公演名 JAPAN Game Music Festival II:Re
開催日時 2018年1月13日(土)〜14日(日)
開場 13:30/開演 14:30
会場 ディファ有明
サイト JAPAN Game Music Festival II:Re 公式サイト

以前も書きましたが、ライブイベントというのは一期一会。演奏もそうですが、会場のオーディエンスと一緒にその日の空間を作り上げるものです。『JAPAN Game Music Festival II: Re』というゲームミュージックライブの祭典ならでは、という二度とない、その日しかない空間を一緒に作りに来てくださいね!

それでは会場でお会いしましょう!
See Ya!!